国際人権団体「金メダル級の女性蔑視」 早急に改革求める

 【ジュネーブ共同】東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に、国内外の人権団体や性的少数者の支援組織から批判が相次いでいる。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは5日、「金メダル級の女性蔑視」と酷評。「森氏の発言は日本政府が女性差別・蔑視問題について早急に改革に乗り出すべきことを示している。その第一歩としてスポーツ界から取り組むことも重要ではないか」とした。

 国際人権NGOのヒューマンライツ・ナウは、組織委が森氏に辞任を求めることなどを要求する声明を8日に発表した。

PR

社会 アクセスランキング

PR