NY株7日ぶり反落9ドル安

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反落し、前日比9・93ドル安の3万1375・83ドルで取引を終えた。このところ上昇が続いていたため、利益を確定させる売りが相場の重しとなった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・06ポイント高の1万4007・70と、最高値を4営業日連続で更新した。

 米経済対策新型コロナウイルスのワクチン普及への期待感から買いが優勢となる場面もあり、ダウ平均は取引時間中の最高値を更新した。

PR

経済 アクセスランキング

PR