ミャンマー抗議デモ、5日連続

 【ヤンゴン共同】国軍がクーデターで実権を握ったミャンマーの各地では10日、軍政に抗議するデモが続いた。大規模なデモは5日連続で行われ、最大都市ヤンゴンと首都ネピドーでは早朝から多くの人が街頭で声を上げた。市民らは集会禁止令を無視して参加しており、規制当局との間で緊張が増している。

 ヤンゴンでは早朝から教師たちが「独裁反対」「正義を」などと書かれた紙を掲げて、国民民主連盟(NLD)を率いるアウン・サン・スー・チー氏らの解放を叫んだ。デモは日本大使館の前でも行われ「ミャンマーを助けて」と日本語で書かれたメッセージを手にする参加者もいた。

PR

国際 アクセスランキング

PR