筑波大提出書類に教員が「疑義」

 筑波大が文部科学省や国際的な大学ランキングを運営する団体に提出した書類の留学生数に疑義があるとして、筑波大の教員が10日、文科省に調査を求める要望書を出した。同省内で記者会見し明らかにした。

 要望したのは、永田恭介学長が再任された学長選考に問題があったと訴える会のメンバー。「大学の信用や名誉を損なう可能性があり、早急に調べてほしい」と語った。

 要望書によると、規制緩和などの特例が認められる「指定国立大学法人」への申請書類に、筑波大は留学生数を3千人以上と記載。

 筑波大は「会見の内容が分からず、コメントできない」とした。

PR

社会 アクセスランキング

PR