東京都の「福祉施設における検査実施に係る協力事業者」に選定協力事業者として新型コロナウイルスPCR検査を実施

ジェノプランジャパン株式会社(本社:福岡市西区、代表取締役:小島 直樹、以下「ジェノプラン」)は、東京都 (知事:小池百合子)が実施する「福祉施設における検査の実施に係る協力事業者」に選定されたことをお知らせいたします。
東京都では、新型コロナウイルス感染防止の観点から、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い高齢者が利用する福祉施設において、行政検査の対象とならない利用者や職員の方々を対象としたPCR検査の実施に協力する事業者を公募していました。
このたび、協力事業者としてジェノプランが選定され、検査日程調整、検査方法の連絡、検査の実施および検査結果などの通知等、必要な手続きを一貫して行います。

今回提供するPCR検査では、自宅で採取した唾液検体がジェノプラン福岡研究所(※)に到着後72時間以内に 新型コロナウイルスに特有なRNA(リボ核酸)の存在有無を判定し、結果レポートを発行します。
検査では、厚生労働省から性能を認められた国内メーカー製の検査試薬を使用します。判定結果はジェノプランのウェブサイトまたはアプリで確認することができます。
※新型コロナウイルス感染症に係る病原体核酸検査を行う衛生検査所に登録済

ジェノプランジャパンでは、唾液から抽出したDNAを基に遺伝的要因と環境的要因を統合する遺伝子分析   サービスを提供することで、健康や未病に対する意識の向上などに努めてまいりました。また2020年10月から  法人向けに、2021年1月からは個人向けに、PCRスクリーニング検査を提供してまいりました。
ヘルスケアや医療に関わるバイオベンチャーの責務として、今回の東京都による「福祉施設における検査の 実施に係る協力事業者」選定を機に、より一層新型コロナウイルスにおけるクラスターの発生リスク軽減および 感染症拡大防止・抑制に貢献してまいります。

(ご参考)
今回の選定に関する東京都のお知らせ(東京都福祉保健局HP)
「福祉施設における検査の実施に係る協力事業者」
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/kyouryokujigyousya.html



【ジェノプランジャパン株式会社 概要】
本社:福岡県福岡市西区九大新町 4-1 福岡市産学連携交流センター 221号室
代表者:代表取締役 小島 直樹
設立:2015年4月10日
資本金:10,000万円
URL https://www.genoplan.com/jp/#/
事業内容:遺伝子解析サービスの提供

ジェノプランは、遺伝子分析スタートアップの米ジェノプランホールディングス(デラウェア州)の日本法人として、2019年から、唾液で簡単に遺伝子分析ができる遺伝子解析サービスを展開しています。
アジア人に特徴的なSNP(一塩基多型:体質に影響を与える遺伝子変異)を分析することに強みがあり、検査項目は一般疾患・体質・がんなど国内最多の500項目にのぼります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR