日本メディア数社に対価で合意

 【ニューヨーク共同】米グーグルは10日、記事を提供した報道機関に対価を支払う新サービス「ニュースショーケース」について、日本のメディア数社が同サービスに参画することで合意したと明らかにした。開始時期は未定としている。

 ショーケースは、オーストラリアやドイツ、ブラジル、英国、アルゼンチンで展開。ロイター通信や英紙フィナンシャル・タイムズなど450を超える媒体と契約しているという。新サービスに参画する日本の媒体名は明らかにしていない。

 米交流サイト大手フェイスブックも昨年、新たなニュース配信サービスを始め、米英で配信元に対価を支払っている。

PR

経済 アクセスランキング

PR