三菱重工業労組、ベア要求見送り

 連合傘下の基幹労連に加盟する重工、造船大手の労働組合は12日、春闘の要求書を経営側に提出し、2021年の労使交渉が始まった。新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化で事業環境は厳しく、難しい交渉になりそうだ。三菱重工業とIHIの労組は10年ぶりにベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分の要求を見送った。

 年間一時金ボーナス)は、三菱重工労組が前年要求を0・25カ月下回る5・70カ月分、IHI労組は0・6カ月少ない5・0カ月分を求めた。三菱重工は新型コロナで航空需要が激減し、業績が悪化。IHIも航空機エンジンなど主力事業が低迷している。

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR