藤田医大、医療従事者接種で訓練

 藤田医大(愛知県豊明市)は12日、3月中旬にも始める予定の医療従事者への新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を想定した訓練を行った。医師ら病院関係者約100人が参加。本番で接種会場として使う予定の敷地内の体育館で、人の流れや課題を整理した。

 訓練は1時間に50人の接種を想定。参加者は検温や予診票の内容をチェックした後、一人ずつ問診に向かい、その後四つある接種ブースで注射を打つ流れを確認した。経過観察のスペースでは急激なアレルギー反応が出た人への対応も行った。

 予診票のチェックや、問診から接種に至るまでに、人が滞留する時間帯もあり、レイアウトを見直した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR