クマの赤ちゃん3月に一般公開

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)は12日、昨年11月に生まれたホッキョクグマの赤ちゃんを3月中旬に一般公開すると発表した。報道機関向けに公開された動画では、赤ちゃんが野菜などのエサを元気いっぱいに食べている様子が写っている。

 また園は、野生のホッキョクグマは雌だけで子育てをするため、父親の「ゴーゴ」を、よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)に移すと発表。休園日の3月8日に出発する予定。

 国内のホッキョクグマの飼育頭数は減少傾向にあり、ゴーゴはズーラシアで飼育されている雌との間で繁殖を目指す。新型コロナウイルス感染防止のため、お別れイベントは行わない。

PR

くらし アクセスランキング

PR