10歳の娘死亡、心中図ったか

 奈良県警は13日、小学生の10歳の長女を殺害する目的で誘拐したとして、加害目的誘拐の疑いで同県宇陀市の調理師徳谷和彦容疑者(36)を逮捕した。県警によると、長女は13日午前、同県川上村のダム湖で、あおむけで浮いているのが見つかり、死亡が確認された。

 徳谷容疑者は「仕事を巡って(自分の)父親と口論になり、この生活から逃れるために障害のある長女と一緒に死ぬことを考えた」と話しており、県警は心中を図ろうとしたとみている。

 徳谷容疑者は父親が経営する飲食店で働き、妻と長女ら子ども3人の5人暮らし。長女は身体障害などがあり「妻の負担になっていた」とも供述している。

PR

社会 アクセスランキング

PR