8日連続、軍政に怒りのデモ

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍のクーデターに抗議する大規模デモが13日、国内各地で続いた。デモは8日連続となり、若い労働者や中高年など幅広い層に拡大している。最大都市ヤンゴンでは、看護師らがデモ行進し「独裁者を倒そう」「われわれは団結している」と気勢を上げると、道路を行き交う多くの車が、クラクションを鳴らして共闘の意を示した。この日はアウン・サン・スー・チー氏の父親、アウン・サン将軍の生誕日。一部の参加者は抗議を中断して黙とうした。

 首都ネピドーでもスー・チー氏の写真やクーデターを批判するプラカードを持った市民が集会を開いたり、大通りを行進したりした。

PR

社会 アクセスランキング

PR