学校施設の地震被害、129件

 文部科学省は14日、最大震度6強を観測した地震の影響により福島、宮城両県で学校施設の被害を129件確認したと発表した。壁や床のひび割れや窓ガラスの破損、水道管の破裂などだった。両県では15日、被害状況確認のため、公立学校計53校が臨時休校する。

 被害の内訳は福島県が10件、宮城県が119件。種別では幼稚園3、小学校47、中学校21、高校35、特別支援学校13、大学3、給食センターなど7だった。

PR

社会 アクセスランキング

PR