北海道大荒れ、4人けが

 急速に発達した低気圧の影響で、北海道では16日、大荒れの天気となった。強風にあおられて転倒し4人がけがをしたり、屋根が剥がれたりする被害があったほか、高潮の影響などで住宅が浸水した。北日本から西日本は18日ごろにかけて天気が荒れる見通しで、気象庁が警戒を呼び掛けている。

 16日は低気圧の通過に伴ってオホーツク海側や太平洋側を中心に気圧が大幅に低下。最低海面気圧は、947・8ヘクトパスカルを観測した根室市など3カ所で統計開始以来の最低記録を更新した。最大瞬間風速は襟裳岬で44・9メートル、根室市で35・5メートルを観測した。

PR

社会 アクセスランキング

PR