ワクチン到着「待ち望んでいた」

 「大変ありがたい。待ち望んでいた。職員が安心して医療を提供できる」。米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが16日夜、接種1例目を予定する東京都内の病院に搬入された。運ばれたのは2340回(1170人)分で接種は17日から。切り札の到着に病院長は安堵の表情を浮かべた。

 16日午後6時5分ごろ、白いトラックが病院正面玄関に到着。作業員が院内の会議室で段ボール箱に入っていた小箱からワクチンを取り出すと、病院職員はマイナス78・9度に保持されていることを確認。その後、ワクチン保存用のディープフリーザー(超低温冷凍庫)に移すため会議室から運び出した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR