合同会社暗号屋と株式会社イーサセキュリティが戦略的パートナーシップを締結

合同会社暗号屋(福岡県福岡市中央区大名1-3-41 プリオ大名ビル2F、代表社員 紫竹佑騎)は、ETHERSECURITY PACIFIC HOLDINGS PTE. LTD.(18 Cross Street, #02-101, Singapore、代表 加門昭平)と戦略的パートナーシップを締結しましたことを発表致します。
Ethersecurity Pacific Holdings Pte Ltd (以下、Ethersecurity) はステーキングサービスStir を運営しており、Cosmos, IOST, Waves などのステーキングを提供しています。また、Ethersecurity 子会社である株式会社イーサセキュリティはNEMのスーパーノードの運用代行として日本最大規模の台数を保守運営しており、近日ローンチ予定のSymbol のノードの構築保守を予定しております。
(HP : https://stir.network/

◆パートナーシップ概要

今後我々は、Ethersecurity が得意とするインフラ領域と、暗号屋が得意とするアプリケーション開発でブロックチェーンを使った研究開発における技術協力を行うほか、Ethersecurity が行っているステーキングとマイニング、弊社の暗号資産市場におけるマーケットメイクを併せたブロックチェーンエコシステム構築での協業を行います。

今回締結されたブロックチェーンを使った研究開発・エコシステムにおける戦略的パートナーシップを活かし、今後様々な展望を描いておりますので、是非ご注目くださいませ。

◆暗号屋について
暗号屋は福岡と東京をベースに、ブロックチェーン技術が拓く、新しい経済活動を産み出し社会実装する為に創られた技 術組織です。我々はブロックチェーン技術が普及する事による「あたらしいインターネット時代」の到来に熱狂し、様々 な問題解決を行うことに注力しています。ブロックチェーンのメリットを最大限活用したプロダクトを創るにはその思想 の理解と幅広い技術選定の知識が必要不可欠です。暗号屋はその課題に対して仮説を立て、実験を行いながら新しい価値 の創造に取り組んでいます。
HP: https://www.ango-ya.org/

<本リリースに関するお問い合わせ先> 合同会社暗号屋 広報担当:荒木
Mail: alexa@ango-ya.org

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR