15年ぶりの福岡公演 劇団四季ミュージカル「キャッツ」

歌とダンスの華麗なステージが楽しめる 拡大

歌とダンスの華麗なステージが楽しめる

■キャナルシティ劇場で4月20日から
 
 「キャッツ」は作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーが1981年、ロンドンで初演。都会のゴミ捨て場を舞台に、誇り高く生きる猫たちの姿を「メモリー」などの大ヒット曲に乗せてドラマチックに描く。

 劇団四季は1983年に初演、これまでの上演回数は8600回、総入場者は860万人を超えた。福岡公演は15年ぶり3回目でミュージカルファンの期待が集まる。

 入場料はS席9800円、A席8千円、B席6千円、C席3千円など。第1期(7月13日まで)チケットは2月16日発売。電話予約は劇団四季予約センター=(0120)489444。チケットぴあなど各種プレイガイドでも販売する。インターネットでの予約、公演の詳細は劇団四季ホームページを参照。問い合わせは劇団四季福岡オフィス=092(482)2013。


=2014/02/13付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ