ハンド日本リーグ、葦原氏が会見

 4月1日から一般社団法人で運営を始める日本ハンドボールリーグの代表理事に就く葦原一正氏(43)が17日、東京都内で記者会見し「ハンドボールは極めて大きなポテンシャルがある。目指すのは世界最高峰リーグ」と抱負を述べた。任期は2年で、社員総会と理事会を経て正式就任する。

 葦原氏はバスケ男子のBリーグで初代事務局長を務めたほか、プロ野球でも07年からオリックスや、12年から球団経営に参入したDeNAに携わった。

 「ビジネスとして成り立つことが大事だと認識しているが、いきなり大きく収益化するのは簡単ではない」とし、まずは規約などを定めてガバナンスを強化する方針。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR