列島広い範囲で大雪の恐れ 強風や高波にも注意

 気象庁は13日、発達する低気圧の影響で、西日本は14日にかけて、東日本は14日から15日にかけて広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要で、交通機関に影響が出る可能性もありそうだ。

 13日は九州北部の山地で雪が降り、積雪も観測。14日夕までの24時間予想降雪量は、山地の多い所で関東甲信40センチ、四国、近畿、東海20センチ、山口県を含む九州北部15センチでその後も増える見込み。東京23区でも5センチの雪が降り、夜には強まるとみられる。

PR

PR

注目のテーマ