古きよき和食文化を今に伝える体験型レストラン【創作割烹 沙ゐ佳-saika-】を4月14日オープン!

実際に「食べて」「知って」「学ぶ」、そんな”記憶に残る和食レストラン
食にまつわる社会問題を解決するサービスを展開しているグランディッシュ合同会社(本社:大分県別府市、代表社員:佐昀暄)は、2021年4月14日(水)に「和食文化を伝承する」和食レストラン『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』をオープンする。

試運転時(12月料理写真)
きっかけ

「恵方巻きはなんで食べるの?」「おせちの意味は何?」「大分の有名なものは何?」と聞きかれ、すぐに答えられる人は少ない。また、小学校や中学校では食育の授業が設けられているにも関わらず、食文化に対して興味を持つ方は少なく感る。『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』が思う食育とは「文化を体験する。味わうこと」だ。しかし、どこでも手軽に食べ物が手に入る現代の日本。「日本人の和食・日本酒離れ」は進むばかり、地元の旬のもの・地物を、県内であっても知る人は少なく、食材・素材へのスポットライトは薄いのが現状だ。これらを、伝えていくため『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』をオープンさせる。
実現したいこと

”良いものを選り分ける” 沙

”今となっては見かけることの少ない” ゐ

”美しい/優れているものを表す” 佳

私たち『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』が提供するものは、「大分県産の旬な食材と、それに合う大分県産の日本酒」だ。
昔ながらの良いものを継承し、お客様には日本食・日本酒を視覚・嗅覚・味覚・触覚・聴覚の五感で大分を発見していただきただける場を提供する。
新型コロナウイルス感染予防対策について

『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』では、お客様の居心地を追求する為にテーブル間をゆったりと区間をとり設置する。

また、換気システムに関しては、自然吸換気ではなく機械を使用した給気・換気のシステムを使用しており、厚生労働省の推奨している、二酸化炭素濃度が確認できる機械を導入しており常に、店内の空気状況を把握しながら綺麗な空気の入れ変えを重視している。

<お客様へのご協力のお願い>
・入店時に体温を計測させていただきます。発熱の症状がある場合は来店を控えていただく場合がございますので予めご了承ください。(代表者にご連絡先をいただいております。)
・テーブル吹き上げ時に消毒液を使用します。
・店内で勤務するスタッフは全員マスク着用致します。
・当日勤務する全スタッフの検温を実施し、発熱の症状があれば欠勤とします。
・消毒液を設置します。必ずご利用をお願い致します。
・発熱や席などの症状により体調がすぐれない場合はご来店をお控えください。
・テーブルには、使い捨てのマスク入れを導入しております。
『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』4月14日オープン

『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』
場所:〒870-0035 大分県大分市中央町1-4-8 シャンテビル4F(セントポルタ中央町アーケード内)
オープン日:2021年4月14日(水)
営業時間:
火曜日~木曜日
Lunch/11:00~15:00 (Last call 14:00)
Dinner/18:00~23:00 ( Last call 22:00)

金曜日~日曜日
Lunch/11:00~14:00 (Last call 13:00)
Dinner/17:00~24:00 ( Last call 23:00)

月曜日定休日 

Instagram QR
Instagram
https://www.instagram.com/saika_oita/

CAMPFIRE QR

CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/226917
グランディッシュ合同会社として

『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』は、私たちのビジョンである「食の未来を明るく豊かに」への第一歩となる取り組みです。まずは、私たちの会社がある大分県で天気や景色が季節を伝えるように、食で季節を感じ、味・香り・生産者さんの思いを伝えます。また、近年における大量生産・大量消費の食文化から、食べることの楽しみを少しずつ広めていくことが私たちの使命だと感じています。
【会社概要】

当社は食を中心とした事業展開で食にまつわる社会問題を革新的かつ包括的に解決する企業です。

商号:グランディッシュ合同会社
設立:2020年04月17日
本店所在地:大分県別府市浜脇3-5-20
資本金:670,000円
代表者名:代表執行役員 佐昀暄
事業内容:飲食事業、プロダクト事業、メデイア事業
お問い合わせ先:info@grandish-inc.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR