福島・浪江で豊漁願う祭り

 東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県浪江町請戸地区にある☆野(くさの)神社で21日、豊漁や豊作を願う「安波祭」が催された。新型コロナ対策で、関係者らによる神事のみ開催。例年、地元の少女らが舞う伝統芸能「請戸の田植踊」は奉納されなかった。

 住民らでつくる請戸芸能保存会によると、原発事故で避難区域となった後も踊りは町外の仮設住宅などで続けられており、17年3月に避難指示が解除されてからは神社に奉納されてきた。

 この日は、氏子ら約20人が津波被害を受けた神社に集まった。地区の復興や神社の再建を誓う祝詞が上げられた。☆は草カンムリに召

PR

くらし アクセスランキング

PR