カフェファラオG1初制覇

 第38回フェブラリーステークス(21日・東京11R1600メートルダート16頭、G1)無観客で行われた中央競馬の今年のG1初戦は、1番人気のカフェファラオ(クリストフ・ルメール騎乗)が1分34秒4で優勝し、G1初勝利を挙げるとともに1着賞金1億円を獲得した。ルメール騎手は昨年のモズアスコットに続く連覇でこのレース2勝目。堀宣行調教師は初勝利。

 3番手追走から最後の直線で抜け出したカフェファラオは、9番人気のエアスピネルの追い上げを3/4馬身差で抑えて押し切った。3着には8番人気のワンダーリーデルが入った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR