列島各地で大雪、名古屋7センチ 大阪4センチ、今後も警戒必要

雪の中、国会前を歩く子どもたち=14日午前、東京・永田町 拡大

雪の中、国会前を歩く子どもたち=14日午前、東京・永田町

 日本列島は14日、発達中の低気圧の影響で西日本から東日本の太平洋側で雪が降り、名古屋市で7センチ、大阪市4センチ、東京都心(大手町)1センチなど、先週末に続き各地で積雪を観測した。気象庁は西日本と東日本は15日にかけて、東北は15日から16日にかけて平野部でも大雪になる恐れがあると、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、四国では14日未明、近畿や関東甲信では明け方から平野部でも本格的に雪が降り始めた。各地の積雪は奈良市で1953年の統計開始から4番目タイの14センチを記録。徳島市4センチ、高松市3センチのほか、先週末の雪が残る関東甲信でも積雪量が増えた。

PR

PR

注目のテーマ