機内食の売り上げ、1億円突破

 全日本空輸が昨年12月からインターネット通販で一般家庭向けに販売している国際線用の機内食の売り上げが1億円を突破したことが24日、分かった。フードロス(食品廃棄)削減を目的に数量を限定し自社の通販サイトなどで不定期に提供を始めたところ完売が相次ぐ人気ぶり。来月3日からは国際線の運航状況を見ながら、週1回を目安に販売を継続する。

 機内食はハンバーグや唐揚げなど国際線エコノミークラスで提供している主菜で、自社サイトとネット通販の楽天市場で販売。発売から1時間以内に売り切れたこともある。現在は航空機への積み込み用に加え、ネット通販用も見越して用意している。

PR

経済 アクセスランキング

PR