東京都160施設でワクチン保管

 東京都は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、ワクチンを保管するディープフリーザー(超低温冷凍庫)など必要な設備を設置して地域の拠点となる「基本型接種施設」を約160カ所確保したと明らかにした。医療従事者ら都内の優先接種の対象を約60万人と想定し、3月からの開始に向け準備を進めている。

 都によると、基本型接種施設から移送されたワクチンを接種する診療所などの「連携型接種施設」は約480カ所確保。接種を円滑にするため、都独自の予約システムも開発した。

 都では緊密な情報共有を目的に都医師会や市区町村など関係機関で構成する専門チームを立ち上げている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR