東京円、106円近辺

 25日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円近辺で取引された。

 午前10時現在は前日比43銭円安ドル高の1ドル=105円99銭~106円04銭。ユーロは65銭円安ユーロ高の1ユーロ=128円96銭~129円00銭。

 米長期金利の上昇を受け、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが先行した。円は対ユーロでも売られ、2018年12月以来、約2年2カ月ぶりの円安ユーロ高水準。日米株高で投資家のリスク選好姿勢が強まったことも、相対的に安全な資産とされる円が売られる要因になった。

 市場では「現状で円は主要通貨の中で最も弱くなっている」との見方があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR