小舟で春の海へ、ひな人形流し

 人形供養で知られる和歌山市の淡嶋神社で、桃の節句の3日、子どもの健やかな成長を願う神事「ひな流し」があった。全国から神社に奉納された約300体のひな人形が、2隻の小舟で春の海へ送り出された。

 神社でおはらいしたひな人形を、みこは1体ずつ両手で丁寧に小舟に載せた。桃の木の枝や菜の花の飾りが付いた小舟に触れた女性は、健康に1年間を過ごせるとの言い伝えがある。本来なら女性の参拝者らが近くの海辺まで小舟を担いで運ぶが、新型コロナ感染拡大防止のため、昨年と同様に軽トラックで運んだ。

 海辺では地元の保育園児らが「うれしいひなまつり」を歌い、人形と小舟を見送った。

PR

くらし アクセスランキング

PR