「宣言延長すべき」と日医会長

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は3日の記者会見で、首都圏1都3県に出されている新型コロナウイルス緊急事態宣言について「期間を延長し、感染者の抑え込みを徹底するべきだ」と述べ、7日の期限での解除に反対の姿勢を示した。感染が再拡大すれば、医療提供体制が逼迫し、今後本格化するワクチン接種の妨げになるとけん制した。

 中川氏は宣言を解除すれば4月以降に第4波が起きかねないと指摘。延長幅に言及しなかったが「今回を最後の緊急事態宣言にしなければならない」と強調した。

 これから歓送迎会や花見のシーズンを迎えるため「基本的な対策の徹底を改めてお願いしたい」とも述べた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR