米FRB議長、辛抱強く金融緩和

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は4日、新型コロナウイルスで打撃を受けた経済活動の再開に伴い、一時的な物価の急上昇が起こっても「辛抱強く」金融緩和を続けることが必要だとの考えを示した。FRBが目指す雇用の最大化を巡っては「今年中に達成できる感じでは全くない」と指摘した。

 米経済の見通しは明るいものの、完全回復には時間がかかるとの認識を改めて示した。最近の米長期金利の急上昇については「注目に値する」と述べるにとどめ、具体的な対応策には踏み込まなかった。オンラインで開かれた討論会で述べた。

PR

経済 アクセスランキング

PR