3月7日は「みんなの銀行の日」 記念日制定を記念してTwitterアンケート「#お金のこと話してみよう」を実施

――自分らしく生きるための“お金との付き合い方”って何だろう?――
株式会社みんなの銀行(取締役頭取 横田 浩二、以下「みんなの銀行」)は「みんなに価値あるつながりを。」をミッションに掲げ、デジタルネイティブ世代をメインターゲットに、2021年5月下旬よりサービス提供開始を予定しています。この度、3と7で「みん(3)な(7)」と読む語呂合わせから、毎年3月7日を「みんなの銀行の日」として一般社団法人日本記念日協会に申請し、記念日として認定されましたことをお知らせします。記念日制定を記念し、2021年3月5日から7日にかけて、「#お金のこと話してみよう」をテーマにTwitterアンケートを実施、それに連動したトークイベントを音声SNS「Clubhouse」にて開催します。


記念日制定の背景

新型コロナウイルス感染拡大は多くの人の仕事や生活に影響を与えていますが、雇用や収入に関する面において、20代~30代の若年者で特に大きな影響がみられると指摘されています(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 12月調査)。雇用や収入に何らかの「影響があった」割合は、60代は36.1%であるのに対して20代は47.7%(図1)。コロナ前の通常月と比べ月収額が「減少した」割合は、60代は19.0%であるのに対して20代は30.7%(図2)という調査結果で、学生アルバイトも含めて飲食店、宿泊業といった勤務先の業種や職種等が関係していると考えられています。
記念日制定の目的

このような状況下、「お金」に対して不安を抱く20代~30代の若年者が少なくないと考えられる一方で、お金に関する話題については、友人やパートナーの間でもなかなかしにくいといった現状があります。「みんなに価値あるつながりを。」をミッションに掲げるみんなの銀行では、大切なお金と向き合い、誰かと話すことで、自分らしく生きるためのお金との付き合い方を考えるきっかけをご提供したいとの想いから、3月7日を「みんなの銀行の日」としました。
「みんなの銀行の日」記念日制定への想いについては、みんなの銀行公式『note』でも公開中です。
https://note.minna-no-ginko.com/n/n8ab0dd1197de


Twitterアンケート概要

3月5日(金)~3月7日(日)の3日間、「みんなの銀行公式Twitterアカウント @minnano_ginko」にて、「#お金のこと話してみよう」をテーマにハッシュタグを用いたアンケートを実施します。「みんなの銀行公式Twitterアカウント @minnano_ginko」をフォローし、アンケートへのご参加をお願いします。
https://twitter.com/minnano_ginko/status/1367658665948315650?s=2


Clubhouseトークイベント概要

3月7日(日)の「みんなの銀行の日」には、Twitterアンケートに連動したトークイベントを音声SNS「Clubhouse」にて開催します。みんなの銀行 副頭取の永吉健一が、ゲストスピーカーに一般社団法人 日本ブロックチェーン協会事務局長の上野直彦氏、株式会社400F 代表取締役CEOの中村仁氏、自らもデジタルネイティブ世代である株式会社LayerX 代表取締役 CEO / 株式会社Gunosy創業者である福島良典氏をお招きし、「お金の不安」「最近はじめた(はじめたい)お金に関する習慣・取組み」などについてお話しします。トークイベントでは、「#お金のこと話してみよう」のハッシュタグを付けた質問に対して、スピーカーがリアルタイムで回答していきます。
※トークイベントはどなたでも無料でご参加いただけますが、参加には、アプリのダウンロードとユーザー登録が必要です。

□日時:2021年3月7日(日)13:00~14:00
□場所:Clubhouse
□ルーム:https://www.joinclubhouse.com/event/PrWjLvD5
□スピーカー:
・上野直彦氏(一般社団法人 日本ブロックチェーン協会事務局長)
・中村仁氏(株式会社400F 代表取締役CEO)
・福島良典氏 (株式会社LayerX 代表取締役 CEO / 株式会社Gunosy創業者)
・永吉健一 (株式会社みんなの銀行 副頭取)
・井手あぐり(株式会社みんなの銀行 UXリサーチャー)※進行

【本件に関するお問合せ先】
株式会社みんなの銀行 コーポレートコミュニケーショングループ(担当:市原・今村・中原)
TEL:03-6281-9065 E-mail: pr@minna-no-ginko.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR