みずほ銀行、また障害が発生

 みずほ銀行は7日、カードローンのプログラム更新作業でエラーを検知し、この影響で一部の顧客が現金自動預払機(ATM)やインターネットバンキングで定期預金口座への入金ができなくなる障害が発生したと明らかにした。2月末の大規模障害とは無関係としている。

 障害は7日午前8時ごろに発生し、午後1時半ごろまで続いた。顧客から「入金ができない」といった問い合わせが電話で数件あったほか、ネットバンキングで入金の操作をしても取引が完了しなかった人が9人いた。各支店のATMでは、先月の障害を踏まえ待機していた行員が対応したという。

 報道を受け概要をホームページで公表した。

PR

経済 アクセスランキング

PR