農業のデジタル化とデータ活用により、社会課題の解決を目指すテラスマイルは、JAグループ・Future Food Fund・関西電力グループとの事業連携を目的とした第三者割当増資を実施しました。

JAグループ・Future Food Fund・関西電力グループと共に、農業データ活用基盤「RightARM」の機能強化と、新たな農業経営者支援サービスでの事業連携・開発実証を実施予定。
テラスマイル株式会社(本社:宮崎県児湯郡新富町)は、農林中金イノベーション投資事業有限責任組合(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)、オイシックス・ラ・大地株式会社の投資子会社Future Food Fund株式会社が運営する「Future Food Fund 1号投資事業有限責任組合」(以下、「FFF1号」)、関西電力グループの合同会社K4 Venturesを引受先とする第三者割当増資を実施しました。

テラスマイルが解決を目指す社会課題

 テラスマイルは、農業経営者の方々がデータを活用し、収益を向上させていく社会を目指して2014年に設立されました。今後10年の農業において、農業経営者が稼ぐ野菜生産を実現するためには、生産性向上と出荷量の先読みが必要と考えており、私たちは農業のデジタル化で時代を一歩前に進めていきます。
 私たちは、農作物流通をデジタル化し、農業経営者の勘と経験を最大化することが、重要と考えています。経済農業の強化と国防としての農業、このバランスを取りながら、産地と消費の関係を見える化し、最適化することが、持続可能な未来に繋がると信じ、企業活動の中で課題解決を目指します。
データ活用基盤 RightARM(ライトアーム 

 RightARMは、アグリテックに関する様々なデータを一元化し、教育支援や戦略支援といった農業経営で活用することを目的とした情報基盤です。気象・市況・センサー・選果実績といったデータを組み合わせて、一つの画面から見ることが可能になります。データを活用し、出荷予測やシミュレーションといったアプリケーションもRightARM上に構築することが可能です。


テラスマイルが目指す未来
連携・提携により実現を目指す未来

 今回の資金調達を通じ、稼げる農業のさらなる実現に向けて、AI出荷予測等のrightARMの機能強化に向けた開発や、新たに加わる株主との事業連携を進めてまいります。

  JAグループとは、JAアクセラレーター第2期や、指名型JAアクセラレ ータープログラム「 Plant&Grow」への採択を通じ、スマート農業教育や営農指導業務、農業法人コンサルティング等、多様な事業における連携を検証しています。

 FFF1号とは、オイシックス・ラ・大地株式会社様を中心に、日本の食文化や食品業界の発展への貢献を視野に入れた出荷予測・農作物流通のデジタル化など、「需給最適化による持続可能な未来社会」をテーマに連携を進めていきます。

 関西電力グループ(K4 Ventures)とは、関西電力様との持続的な未来を目指した新事業企画での連携を進めていきます。直近では気象工学研究所様が持つ気象データのRightARMでの活用、中長期的にはsociety5.0政策での地方創生による社会課題の解決と、経営資源の活用による未来創造をテーマに、エネルギー活用まで視野に入れた構想を検討していきます。
テラスマイルについて


 テラスマイルは、“自動的に情報を集め、戦略的にデータを加工・予測し、分かりやすく伝える。”をモットーに、農業のデジタル化と営農支援サービスを提供しています。RightARMは、2018年4月に(株)エムスクエア・ラボ、アクロクエストテクノロジー(株)の協力のもと、農業データ基盤として開発されました。
 農業のデジタル化に際し、仕様検討から運用設計、KPIモニタリングまでをカバーし、ビジネスパートナーとして取り組み出来ることがテラスマイルの特徴です。
 現在、南九州3県を中心に、15箇所の生産者グループ、4つの大規模生産法人(40ha~360ha)、JA宮崎経済連、宮崎県、宮崎市、日南市などで利用されています。
 2020年、内閣府 未来投資会議 構造改革徹底推進会合では、データ分析の事例企業として紹介頂きました。
取組実績



データ活用基盤/農業支援サービス RightARM 導入現場


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR