大分と熊本の山間部、大雪の恐れ

 九州北部は17日夜から18日朝にかけ、大分、熊本両県の山間部を中心に大雪になる恐れがある。福岡管区気象台によると、東シナ海にある低気圧が18日にかけ、九州の南海上を東に進む見込み。このため九州の広い範囲で冷たい雨が降り、北部では雪になる所があるという。18日正午までの予想降雪量は、大分、熊本両県の山間部の多い所で10センチ。雪の影響で17日夜から大分自動車道日田インターチェンジ(IC)-別府IC間などで通行止め。

 また海上では風が強まり、対馬海峡や九州西海上は風速20メートル、波の高さは5メートルのしけとなる。この影響で18日は、福岡市と韓国・釜山市を結ぶ高速船ビートルとコビーが全便欠航。福岡市と長崎県五島市を結ぶ野母商船の定期フェリー太古も、同日午前の福江港発が欠航する。

=2014/02/18付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ