コロナ感染、13%が未成年

 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は10日、世界の新型コロナウイルス感染者のうち、20歳未満の若者や子どもが13%を占めると発表した。新型コロナ流行が教育や心身の健康など多くの面で悪影響を与えているとして、各国に持続的な支援を訴えた。

 年齢別のデータがある107カ国の状況を分析した。フォア事務局長は「孤立し、不安を抱える子どもが増える一方で、教育などのサービスにはアクセスしにくくなっている」と懸念を示した。

 教育面では、世界中で1億6800万人以上の子どもたちが、1年近くにわたり学校に通うことができていないと指摘した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR