東京円、108円台後半

 11日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比06銭円高ドル安の1ドル=108円66~67銭。ユーロは52銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円71~75銭。

 朝方は米長期金利の上昇が一服したことで円高が進行。その後は国内輸入企業が決済に使うドルを買ったり、日経平均株価の上昇で強気化した投資家が安全資産とされる円を売ったりして対ドルで上げ幅を縮めた。

 市場では「欧州中央銀行(ECB)の理事会を控える中で様子見ムードも強かった」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR