東電社長「区切らず責任全う」

 東京電力の小早川智明社長は11日、福島第1原発事故から10年となるのに合わせ都内の本社で社員に「10年を区切りとせず、事故を風化させることなく福島への責任を全うしよう」と訓示した。新型コロナ対策を理由に第1原発訪問は見送った。報道向けには「復興と廃炉の両立に取り組む」とのコメントを出したのみで取材には応じなかった。

 黙とうした後、小早川氏は「なぜ防ぐべき事故を防げなかったのか、根本原因に立ち返ることで、社会からの信頼につなげていくことが重要だ」と強調した。IDカード不正使用問題などを念頭に「身近な社内ルールや慣習に引きずられている」として改善を求めた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR