スカートつるし国軍阻止

 【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍のクーデターに抗議する女性らが、治安部隊の侵入を防ぐため巻きスカート「ロンジー」でバリケードをつくっている。男性が女性用のロンジーに触れたり、干してある下を通ったりすると不運が訪れるという迷信があり、治安部隊に精神的な抵抗感を与えるのが目的だ。

 最大都市ヤンゴンの市街地では、デモ隊が置いたレンガや砂袋の上に色鮮やかなロンジーがぶら下がる。路上の即席バリケードはブルドーザーで容易に取り除ける。だがロンジーは別だ。迷信を信じやすい治安部隊員は前進できず、つるしてあるひもをいちいち切る手間を掛けている。

PR

国際 アクセスランキング

PR