WBA、王者京口ら計量パス

 【ダラス(米テキサス州)共同】世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が12日、米テキサス州ダラスで3度目の防衛戦の前日計量に臨み、リミットを100グラム下回る48・8キロでパスした。挑戦者アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)は48・6キロでクリアした。

 京口にとっては2019年10月以来の一戦で、米国では初めての試合。昨年11月に大阪で予定された防衛戦は自身の新型コロナウイルス感染で中止になり「試合を流した時に悲しんでくれたファン、家族と一緒に闘いたい」と力を込めた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR