巨大な「一枚岩」がスクリーン

 和歌山県古座川町で13日、国の天然記念物で、高さ約100メートル、幅約500メートルの巨岩「一枚岩」をスクリーンにした「大地を見上げる映画祭」が開かれた。

 新型コロナウイルス対策で観客は招かず、動画投稿サイトユーチューブ」でライブ配信。町の自然や文化の紹介映像、町民が未来へ残したい思いを伝えるメッセージなどをプロジェクターで巨大な岩壁に映した。

 一枚岩の前で「道の駅」を運営する田堀穣也さんが、町おこしにと企画した。クラウドファンディングで資金を募り、若者や町出身の若手映像作家らに協力を呼び掛けた。

 今年秋からは定期的な映画祭の開催を計画しているという。

PR

くらし アクセスランキング

PR