スノボHP、鍛治と口寸保が優勝

 スノーボード・ハーフパイプの国際スキー連盟(FIS)公認大会ジャパンカップが14日、札幌市ばんけいで行われ、女子は世界ジュニア選手権(23日・ロシア)代表で16歳の鍛治茉音(TJR)が86・50点で優勝した。同じく世界ジュニア代表で16歳の金子日菜多(ネクストアムゼク)が77・25点で2位。

 男子は19歳の口寸保頼央(HOOD)が89・75点で制した。世界ジュニア代表の2人が続き、15歳の重野秀一郎(バートン)は86・75点で2位、16歳の中川海秀(新日本スキー研究会)は83・50点で3位だった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR