大阪・心斎橋に外資系高級ホテル

 外観を建築家の安藤忠雄氏が監修した大阪・心斎橋の外資系高級ホテル「W Osaka(ダブリュー オーサカ)」が16日、開業記念式典を開いた。華美な装飾を抑え、黒を基調とした外観は巨大な鉱石をイメージ。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客がいないため当面は国内富裕層の宿泊を見込む。

 ホテルの運営は米マリオット・インターナショナルが手掛ける。16日から宿泊客の受け入れを開始。3階のロビーフロアはちょうちんをイメージした照明やこけしを壁に並べて日本らしさを演出した。中央にイベントなどで活用するため、漫才でおなじみのセンターマイク付き舞台を設けた。

PR

経済 アクセスランキング

PR