JR東、寝台列車カシオペア運行

 JR東日本は16日、首都圏から東北への観光客増を狙った「東北デスティネーション(目的地)キャンペーン」を実施する4~9月に、目玉企画の一つとして、寝台列車「カシオペア」を運行すると発表した。主に上野駅を出発し、東北各地を巡るツアー専用列車とする。

 カシオペアは東京・上野と札幌を結ぶ寝台特急列車として1999年にデビュー。ホテルのような豪華な客室で人気になったが、北海道新幹線の開業に伴い、2016年に定期運行を終えた。

 その後、団体列車としてたびたび活用されているが、JR東によると、目的地との単純な往復ではなく、各地を周遊する形での運行は珍しいという。

PR

くらし アクセスランキング

PR