H3ロケット、全体像公開 種子島宇宙センター

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、日本の次期主力ロケット「H3」の1号機を種子島宇宙センター(鹿児島)の発射場に設置した。主力エンジンを搭載する第1段と、その上部に取り付ける第2段などを連結した全体の姿が初めて公開された。

 18日にかけて燃料の液体水素と液体酸素を充填し、機体の機能を確かめる「極低温点検」を行う。2021年度内の打ち上げを目指す。

 作業は雨の影響で予定より20分遅れて始まった。目立ったトラブルはなく、約45分で設置を終えた。

 H3は全長63メートル、直径5・2メートルの国内最大の液体燃料ロケット。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR