不動産会社の経営状況に関する情報を可視化「経営分析オプション」リリースに関するお知らせ

不動産テックを推進する日本情報クリエイト株式会社(本社:宮崎県都城市、代表取締役社長:米津 健一、以下「日本情報クリエイト」)は、クラウドで提供する賃貸物件総合管理システム「賃貸革命」の新たな機能として「経営分析オプション」を2021年6月(予定)にリリースいたします。
不動産会社の経営状況に関する情報を可視化
不動産会社の経営者にとって賃貸管理の収益性分析は非常に重要な業務です。賃貸物件を管理する場合、物件ごとの情報収集だけでも非常に手間がかかり、また、集約後のデータ分析、グラフ化など、情報を可視化する作業も多くの時間を要します。
賃貸革命をご利用の不動産会社に対し、賃貸革命に蓄積されたデータを様々な角度から可視化したグラフ・表を提供することにより、不動産会社の管理業務の効率化や経営戦略立案の補助として利用していただける「経営分析オプション」をリリース致します。
賃貸革命に登録された情報を二次活用、モバイル端末でも閲覧可能
「賃貸革命」をご利用中であれば、賃貸管理に関する様々な情報が日々登録されており、既にデータベース化されております。この情報を活かして、不動産会社の経営分析に必要な情報(グラフ・表)を簡単に作成することが可能です。また、作成した分析結果はPC,スマートフォンなどデバイスを選ばず閲覧することが可能です。


リリース情報
リリース日:2021年6月(予定)
料金体系 :未定(有償オプションとなりますが、価格については改めてご案内いたします)
※利用するためには別途賃貸革命の契約が必要となります。
■ 賃貸物件総合管理システム「賃貸革命」について
賃貸業務から管理業務まで一元管理できる、集客・管理に強い管理業務支援サービスです。入退去管理から家賃管理まで一元管理することで情報処理のミス・ロスを大幅に軽減することができます。賃貸革命クラウド版は、ネットワークを通してデータセンターにアクセスし、遠隔で利用できますのでテレワークにも適しています。
■ 最適なプラットフォームを構築することで多くのHAPPYがうまれる
賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理と幅広くDX化を推進する当社は、最適なプラットフォームを構築し、不動産取引においてより多くのHAPPYがうまれるよう不動産会社の皆様の支援に努めております。
■ 日本情報クリエイトについて
創業26年、不動産テック企業として業界に特化したDX商品・サービスを提供し続けています。全国に11ヶ所のサポート拠点を持ち、各地の不動産会社へ向けてITを活用した業務支援による働き方改革を推進しています。

本件でご紹介した「賃貸革命10」の詳細はコチラ▼
https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR