クルマの進化への挑戦をテーマに開催される「ASAオンラインカンファレンス」へ本荘興産の協賛が決定。平井社長のセミナーも一部先行公開(IAAE 国際オートアフターマーケットEXPOでも限定配信)

オートアフターマーケット再興戦略基盤では、国内外の業界トレンド情報の配信や、業界を牽引する有識者とのパネルディスカッションを通して、皆様への学び・繋がりの機会をご提供することを目指している。
ASAオンラインカンファレンス公式ページ https://www.autoaftermarket.vision/ セッションの視聴はこちら(先着500名 参加無料) 参加無料:http://go.pardot.com/l/914221/2021-03-07/hyh 国際オートアフターマーケットEXPO 2021 IAAE ONLINEでの配信期間 2021年3月24日(水)~4月30日(金) 詳細はこちら:https://www.autoaftermarket.vision/iaae2021/
http://www.youtube.com/watch?v=yeWdEJsCnRE
ダイジェスト版:https://youtu.be/yeWdEJsCnRE

今後自動車に導入される先進運転支援システム(ADAS)に採用されるセンサー類のキャリブレーションなど、補修・車体整備の業界に新たに必要とされている技術や情報の提供を目的とし、2021年3月15日から開催される「ASAオンラインカンファレンス2021」への洗車・コーティング専門メーカーの株式会社本荘興産(本社:岡山県倉敷市、代表取締役社長:平井 新一、以下:Honjyo)の協賛が決定した。

セッションの視聴はこちら(先着500名 参加無料)
参加無料:http://go.pardot.com/l/914221/2021-03-07/hyh

株式会社本荘興産について

代表取締役 社長 平井 新一
『クルマのキレイでミライをつくる』

これからの時代のカーアフターマーケットは、洗車の仕組み化がキーワード。
「プロディテイラー」を、子どもたちの憧れの職業に。

▼WASHMANが求められる現場
自動車の現場で働く整備要員は約40万人。平均年齢は45歳。高齢化する現場で今、楽に早く洗車できるツールとして「WASHMAN」を導入する工場が増えています。弊社では製品の開発・製造だけではなく、技術指導や販売設計のお手伝いもさせていただいております。私も自ら現場に足を運ぶのですが、どこにいっても、人手不足や働き方改革の波がどっと押し寄せていることを実感します。効率化につながるツール、それをうまく活用できる作業環境やコミュニケーションのデザインをいかに迅速に取り組んでいけるかが、成長戦略には欠かせなくなるように思います。
2018年から約1年の時間を費やし、トヨタ自動車と安全自動車といっしょに、エンジニアの省力化を目的とした洗車ツールを共同開発するプロジェクトも経験しました。トヨタ式のものづくりの哲学や仕事の仕方を体験できたことは私の財産となりました。出来上がった製品(WASHMAN THE SWEEPER、WASHMAN THE WIPER)は2019年3月からトヨタ自動車・安全自動車で先行販売がスタートし、トヨタディーラーからも上々の評価を得ているようです。

▼これからの時代の洗車ビジネスの在り方

いま「洗車」は、お客様とのタッチポイントを増やすアイテムとしても注目されています。洗車を売っているといえばガソリンスタンドが思い浮かぶと思いますが、カーディーラーや整備工場でも「洗車有料化」や「コーティングのメンテナンスとしての定期洗車」などに取り組むお店が増えています。弊社のクライアントの整備工場の実例なのですが、無料で洗車を提供し、5年で売り上げを3倍に増やすことに成功した整備工場もあります。無料洗車によりお客様の口コミや紹介でお客様が増えていったとのこと。「集客=洗車」を徹底し、「車を買うなら、いつも洗車でお世話になっているこちらのお店から…」というファンをつくっていったわけです。
MaaS時代に突入するカーアフターマーケットでは、これまでの「洗車は車検のおまけ」から「洗車をきっかけにお店にどんどん来店してもらう」という発想の転換が求められるのではないでしょうか。カーシェアやリースが増えれば、洗車や車内清掃などの需要は確実に増えます。またそれらのサービスとAIやビッグデータを組み合わせることで、サブスクリプション型の洗車サービスやお客様ひとりひとりのご要望にあわせたパーソナルメンテナンスなどの新しいシステムが誕生するのではないか?と想像しています。

▼「映える」がディテイリング事業のキーワード

洗車を「楽に・早く」できるようになれば、洗車でどんどんお客様を呼び込む環境をつくることができます。そしてお客様のカーケアに対する関心が高まれば、ポリッシングやカーコーティングなどのディテイリング系商品の販売にも確実につながります。また「ディテイリング=クルマの美容」は、YouTubeやインスタグラムなどで“映え”やすいコンテンツではないかと注目しています。磨いてピカピカになったボディ、コーティングの水弾きや輝きなどを動画で配信したり……

2019年8月からYouTubeで「HonjyoCHANNEL」を開設。私自らYouTuberとなり自社の研修会の様子やお客様とのトークセッションや現場取材などをスタートさせました。まだはじめて数ヶ月ですが、やってみるとこれがめちゃくちゃ面白い!動画撮影も編集も自ら実践しています。先日もYouTubeで人気の『メカニックTV』にダメ元でオファーを出したのですが、『メカニックTV』を運営するレソリューション(整備士専門の人材派遣会社)より、「自動車業界で働きたい若者を増やすという志しがつながる」ということで、一緒に撮影させていただく機会をいただきました。このようなことがスピーディに動き出すのもYouTubeの魅力なのかもしれません。
「クルマの美容=カーディテイリング」は、カーアフターマーケットの新たな収益の柱のひとつになる可能性があると確信しています。たとえば子どもたちがYouTuberに憧れるように、プロディテイラー(クルマの美容師)になりたいという子どもたちが増えてくるような未来をつくっていければいいなと考えています。
YouTube『HonjoCHANNEL』

本社:〒711-0934 岡山県倉敷市児島塩生2764
https://www.honjyo-k.com/
HonjyoCHANNEL(ホンジョウチャンネル)
https://www.youtube.com/user/Honjyo086/

ASAオンラインカンファレンス2021詳細
ASAオンラインカンファレンス(IAAE 国際オートアフターマーケットEXPOでも配信)
オートアフターマーケット再興戦略基盤では、国内外の業界トレンド情報の配信や、業界を牽引する有識者とのパネルディスカッションを通して、皆様への学び・繋がりの機会をご提供することを目指してまいります。
本オンラインカンファレンスは、変革期を迎えたオートアフターマーケットにおける先進の事例や最新情報を、各界を牽引するスピーカーを招きディスカッションを行うASAオートアフターマーケット再興戦略基盤(以下、ASA)主催の自動車業界向けのイベントです。

2020年の特定整備施行を皮切りに、2024年のOBD検査の開始、そして大きな衝撃が走った2030年代半ばまでにガソリンエンジンのみで走行する新車の販売を廃止する方針との報道など、オートアフターマーケットは大きな転換点を迎えています。

そのような中、既存ビジネスの見直しや、新規事業立ち上げの可能性の模索などに向け有益な情報をご提供できるよう、国内外の有識者やクルマの進化への挑戦者を招いたオンラインセッションを配信いたしておりますので、是非この機会にご参加ください。

コンセプト
電子制御装置整備が新たに追加された特定整備の施行という端境期にコロナショックという大波が押し寄せたことで、自動車アフターマーケットに変革の序章が鳴らされた本年、私たちは何を知り、どのような行動を起こせば、この変わりゆく世界の中を勝ち残っていくことができるのでしょうか。

2021年は、世界的達成目標となったゼロエミッションによって生まれているガソリン車販売禁止の潮流や、指数関数的なテクノロジーの進化によって性能が向上している先進安全装置の搭載されたASV(Advanced Safety Vehicle)の普及、そして5Gによって次のステージに移行すると語られるコネクティッドのビジネストレンドが加速すると言われています。

また、2025年までに水性塗料使用率100%を目指す大手カーメーカーの方針や、ドライバーの安全を守り燃費向上を目指して次世代鋼板の採用が加速する中、技術や情報に加え、適切な設備工具への投資が持続的な成長には不可欠な時代が訪れました。

オートアフターマーケット再興戦略基盤では、国内外の業界トレンド情報の配信や、業界を牽引する有識者とのパネルディスカッションを通して、皆様への学び・繋がりの機会をご提供することを目指してまいります。

ASAオンラインカンファレンス2021
主催:オートアフターマーケット再興戦略基盤
https://www.autoaftermarket.vision/
運営事務局:FINE PIECE Inc.

第18回 国際オートアフターマーケットEXPO 2021 IAAE ONLINEでの配信期間
2021年3月24日(水)~4月30日(金)

セッションの視聴はこちら(先着500名 参加無料)
参加無料:http://go.pardot.com/l/914221/2021-03-07/hyh

オートアフターマーケット再興戦略基盤について
ASAオンラインカンファレンス(IAAE 国際オートアフターマーケットEXPOでも配信)
【活動コンセプト】
次世代モビリティー社会の実現に向けた、オートアフターマーケット再興のための戦略基盤の構築。

【活動指針】
1. オートアフターマーケットの業界再興のための活動であること。
2. 各界の有識者・専門家を積極的に招聘し、オープンイノベーションを促進すること。
3. ASA規約に則り、関係者に対して成果を共有すること。

【活動趣旨】
技術革新と市場環境変化によって訪れる従来の延長線上にはない変革に対応し、国際化、業際化、情報化する時代に即したエコシステムの構築とプラットフォーム化など、次世代モビリティに必要なサービスを実現し、業界再興に寄与するための戦略ビジョンの策定および実践を目的として設置する。

【ASA規約】
1. 業界再興のための戦略ビジョン策定に向けた国内外のオートアフターマーケットの比較研究・調査分析を行う。
2. ASAは、必要があると認める時は、参考人を招いて意見を聞くことができる。
3. ASAは、必要があると認める時は、ワークグループを置くことができる。
4. ASAのメンバーの任期は、任命又は指名の日から1年以内とする。ただし、再任又は再指名を妨げない。
5. ASAおよびプロジェクトの研究内容に関する一切の著作権はASA運営企業に帰属するが、業界再興を促進し、広く社会を益することなどを目的とすることが認められ、かつ、企業価値の毀損及び社会的信用の失墜につながる恐れがないと認められる場合、研究論文、調査報告、インタビュー記事、動画コンテンツ等の情報を公開するとともに、制作者のクレジットを記載することができる。
6. 前各号に定めるものの他、ASAの運営に関する事項その他必要な事項は、当該基盤において定める。

【ASAの構成】
ASAは委員会とプロジェクトを通して企画・運営されるプラットフォームです。
・「委員会」とは、主要なテーマ毎に設置し、先進事例の研究、市場環境調査、有識者とのディスカッションなどを行う組織です。特定のテーマに対する任務、作業については「ワーキンググループ」を設置して活動します。
・「プロジェクト」とは、特定の課題に対して期間限定で取り組む組織です。


オートアフターマーケット再興戦略基盤
公式サイト:https://www.autoaftermarket.vision/
フェイスブック:https://www.facebook.com/AutoStrategyAssociation
インスタブラム:https://www.instagram.com/autoaftermarket/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCcKLJQprCNcTwGt68KCCkcA
お問合せ:https://www.autoaftermarket.vision/form/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR