小中高生の起業家教育を目的として開発された、ゲーム教材の公認ファシリテーター制度をスタート

3月より1期生として10名限定募集
起業家教育事業を手がけるスタートアップポップコーン株式会社(本社:福岡県飯塚市、代表取締役CEO:澤田 聖士)は、2021年4月より、オリジナル開発した起業家教育を目的としたボードゲームの公認ファシリテーター制度を開始します。



スタートアップポップコーンが開発した小中高生の起業家教育を目的とした教材をご活用頂き、他方面へ起業家教育を展開してくださる「公認ファシリテーター」を募集します。ファシリテーター養成講座を受講し、公認ファシリテーターになることで、本教材を用いた研修を主催・開催することが出来ます。

また、ファシリテーターになったあともスタートアップポップコーンが運営するコミュニティへの参加を必須とし、コミュニティ内でファシリテーター同士が継続的に話し合い、常に変化する最新情報を共有し研鑽しあうことで、共に研修クオリティを向上させ続ける形を形成して参ります。



公認ファシリテーターは3段階(WONDERS・HEROS・LOVERS)にて構成されており、まずはオンラインでの実施を可能としたファシリテーターランク(SUP WONDERS!!)よりスタートします。お申し込み者様の希望に合わせてステップアップのサポートを行って参ります。
(*オンラインでの実施のみ(SUP WONDERS!!)を希望の方はステップアップを行う必要はありません)

詳細はこちら(公式HP 公認ファシリテーター制度について)▶︎▶︎
https://startuppopcorn.jp/certificationsystem/

【当教材及び研修会の導入対効果】
スタートアップポップコーンでは、教材の開発後小中高生を対象とした、起業家教育研修会(ワークショップ)を実施して参りました。3月12日に小学校6年生120名を対象とした研修会での参加者アンケートです。

Q、起業に対する興味はありますか?(受講前)/ Q、起業に対する興味は高まりましたか?(受講後)



研修会の実施前では半数以下が起業に興味を示していたが、90分の研修終了後には約9割の子ども達が起業に対する興味を示すようになりました。

Q、起業について考えていますか?(受講前)/ Q、起業を考えるようになりましたか?(受講後)



これまで起業について考える機会のなかった子ども達でも、本研修会終了後には起業を意識するようになり、子ども達の将来に新しい選択肢を加えることが出来たと言えます。

Q、起業は自分にも出来ることだと思いますか?(受講前・受講後)



起業は自分には出来ないと思っていた30名弱の子どもたちが「自分にも出来る」と思えるようになりました。



【スタートアップポップコーンとは】
スタートアップポップコーン株式会社は子ども達の「スタートアップ(起業家精神)」を様々な研修プログラムを通して、「温めて弾けさせる(ポップコーン)」という由来のもと、2020年に設立しました。

独自で開発した教材をもとに行う小中高生の起業家教育を目的とした研修会に参加した子ども達が「自分にも出来る」「チャレンジしてみたい」そんな気持ちを育むことを目的として活動を行っています。研修会参加後に社会の動きに興味を持ち出したり、今まで考えた事がなかった、自分で何かを起こすという具体的な行動として顕在化するように日々研究開発を行っております。



【どうして起業家教育が必要なのか】
今後の労働人口の低下が予想される日本では、これまでの雇用体制の崩壊から、生き抜く力を養うことが必要とされます。また、昨今では新型コロナウイルス感染拡大など、何が起こるかわからない現代においては、起業家精神、起業家的資質・能力は社会人基礎力の根幹をなすものであり、全ての人材にとって必要な資質・能力・精神であると考えております。

▶︎▶︎起業家精神、起業家的資質・能力とは
起業家精神(チャレンジ精神、創造性、探究心等)
起業家的資質・能力(情報収集・分析力、判断力、実 行力、リーダーシップ、コミュニケーション力等)

(スタートアップポップコーンでは起業家を増やしたい訳ではなく、起業家精神・起業家的資質能力を兼ね備えた人材を輩出したいと考えています。)

スタートアップポップコーン株式会社
公認ファシリテーター
詳細はこちら(公式HP)▶︎▶︎
https://startuppopcorn.jp/certificationsystem/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR