ロシアでアフガン和平会議

 【イスラマバード共同】ロシアの首都モスクワで18日、アフガニスタン和平に関する会議が開かれ、アフガン政府と反政府武装勢力タリバン、米国やロシアなどの代表が出席した。米ロと中国、パキスタンの4カ国は会議後、アフガン政府とタリバン双方が参加する包括的な政権樹立に向けた行程表の策定などに即座に取り組むよう促す共同声明を出した。

 今回の会議は、昨年9月にカタールで始まり、その後に停滞しているアフガン政府とタリバンの恒久停戦協議を後押しするのが狙い。共同声明は、双方に暴力削減を求め「カタールでの協議継続を支援する」と表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR