inDXs/デジタル点呼マネージャー Version2.2 提供開始

企業価値を高めるITソリューションパートナー、株式会社インフォセンス(本社:福岡市博多区、取締役社長:辛島 信司、以下インフォセンス )は、点呼のデジタル化で業務品質向上とガバナンス強化を実現する「inDXs/デジタル点呼マネージャー Version2.2」の提供を開始しました。



1.「inDXs/デジタル点呼マネージャー」とは
(1)製品開発背景

点呼業務は、交通トラブルや重大事故を防止する安心・安全の実現だけでなく、事業品質向上にも寄与できる非常に重要な業務です。しかしながら、運行管理者とドライバー双方の慣れによる形骸化や紙ベースの推進・管理による負荷増等により本来必要な安全確認・指導がおざなりになるようなケースが見受けられます。また運送事業環境の変化による「IT点呼」導入の機運も高まってきています。
(2)製品概要
inDXs/デジタル点呼マネージャーは、IT点呼含めたさまざまな点呼業務に対応しているだけでなく、点呼情報・ドライバー情報・車両情報を一元的に管理できるオープン型クラウドシステムです。企業のガバナンス強化、安全対策の徹底が求められるなか、運行業務を「見える化」し、すばやく情報把握できる仕組みを作ることで、経営者、部門長や拠点管理者、運行管理者の皆様をご支援します。
新バージョンではユーザー様からのご要望にお応えし、ドライバー以外の方にもアルコール測定を行って頂くメニューの追加と中央自動車工業製アルコール検知器との連携を実現しました。

■「 inDXs/デジタル点呼マネージャー」でできること



■「 inDXs/デジタル点呼マネージャー」システム概要図



2. Version2.2の特徴
(1)ドライバー以外の方に対するアルコール測定機能の追加
点呼を必要とするドライバー以外でも、安全対策としてアルコール測定と記録を管理したいというユーザー様のご要望にお応えし、構内作業員・事務スタッフ・営業車利用の営業マンなど様々なシーンで利用可能なアルコール測定だけを切り出した機能を追加しました。
アルコール測定計測結果はタイムリーにクラウドに保管され、管理画面での計測記録の確認をはじめアルコール測定記録表を自動出力。またアルコール測定機器の校正検査記録としても利用可能です。



(2)連携デバイス追加 ソシアック・ネオ SC-502 (中央自動車工業株式会社製)
対応アルコール検知器との連携バリエーション拡充としてご利用可能になりました。
日本製の高品質電気化学式センサーを採用、持ち運びできるモバイルタイプでありながら、測定結果・日時を本体に3,000件記録、回転型吹き込みアタッチメントで液晶画面をスマホへ向けて測定が可能で、SIAAマークを取得した抗菌仕様のアルコール検知器です。


※今後も継続的に連携製品を追加予定
※記載の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

3.「デジタル点呼マネージャー」詳細について
デジタル点呼マネージャーの詳細なご紹介については下記URLをご参照ください。
URL:https://dtenko.jp/

4.「inDXs」について
inDXs は、infosense Digital transformation(DX)serviceの略称です。

■ インフォセンスについて
インフォセンスは、「基幹」「ロジスティクス」「インフラ」のトリプルフォーカスから生まれるITソリューションによって、お客様の企業価値を高めます。
<会社概要>
・商 号 株式会社インフォセンス
・住 所 福岡市博多区冷泉町2-1 博多祇園M-SQUARE
・代表者 辛島 信司(からしま・しんじ)
・U R L https://www.info-sense.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR