サウジ石油施設に攻撃

 【カイロ共同】サウジアラビアの国営通信は19日、エネルギー省当局者の話として、首都リヤドの石油精製施設が無人機で攻撃されたと伝えた。火災が発生したが、死傷者や石油供給への影響はないとしている。

 イエメン内戦でサウジと敵対する親イラン武装組織フーシ派は、国営石油サウジアラムコの施設を同日未明に無人機で攻撃したと主張している。

 国営通信によると、攻撃があったのは19日午前6時ごろ。当局者は「サウジだけでなく、世界のエネルギー供給に対する攻撃だ」と非難した。

PR

PR