リニア着工「住民の理解前提」

 リニア中央新幹線静岡工区を巡り、静岡県を流れる大井川への影響を懸念する流域市町の首長らが20日、静岡市内でJR東海の宇野護副社長に会い、地元住民の理解や協力を得られないうちはトンネル掘削に着工しないよう求める要望書を手渡した。

 要望書では、国土交通省が設置した有識者会議の議論に関し、JR東海が流量の減少などのリスクや対策を十分に説明していないと指摘。分かりやすいデータを提示して住民に説明し、水資源の確保と自然環境の保全に万全を期すよう求めた。

 宇野副社長は要望書受け取り後、記者団に「住民の理解を得られるよう、説明に力を尽くしたい」と話した。

関連記事

PR

政治 アクセスランキング

PR