【復刻販売】地元熊本県産にこだわった鶏肉商品「旨辛味付けセット」と「塩味付けセット」を新発売。

~自社の鶏肉で熊本県産の材料にこだわった新たな特産品を目指して~
日本一鶏肉研究所株式会社(本社:熊本県山⿅市、代表取締役:山内智雄)は、2021年3月19日、自社の鶏肉専門EC「The CHICKEN Online Shop(https://www.thechicken.jp)」にて、熊本県産にこだわった新たな味付け商品のセットの販売を開始します。 現在1周年記念キャンペーンを開催中の「The CHICKEN Online Shop」は、2020年の年末に販売した「味付け8種詰め合わせ」からお客様から要望が多かった「塩レモン」と「塩ニンニク」、「ピリ辛醬漬け鶏モツミックス」と「うまか味噌漬けもも肉」を、さらに改良を加えて、復刻商品として販売を開始いたします。
■熊本県産の材料にこだわった2種類の鶏肉の味付けセット



地元企業とコラボした「旨辛味付けセット」、熊本県産の味を楽しむ「もも塩味付けセット」の2セットを販売いたします。熊本のこだわりが詰まった味付けセットをお楽しみください。

新発売の味付けセット
1.「The CHICKEN HERB 旨辛味付けセット」



The CHICKEN HERB 旨辛味付けセットには2016年「国際優秀味覚コンテスト」で優秀味覚賞 一つ星を日本で唯一受賞、2017年第13回「地鶏・銘柄鶏好感度コンテスト」で優良賞を受賞した銘柄鶏「うまかハーブ鳥」を使った新ブランドThe CHICKEN HERBを使用しています!同じ山鹿市で麹、味噌、甘酒を製造・販売を行っている「木屋本店」とコラボして開発したピリ辛な鶏モツミックス、こちらも同じく山鹿市で味噌・醤油の製造・販売を行う「卑弥呼醤院」とコラボしたもも肉の味噌漬けの2種類がセットになっています。山鹿の昔ながらの味と相性抜群な鶏肉をぜひ、ご堪能下さい。

「The CHICKEN HERB 旨辛味付けセット」
<商品内容>
・ピリ辛醤漬け鶏モツミックス 200g×2p
・うまか味噌漬けもも肉角切  200g×2p

<賞味期限>
製造日より6ヶ月

<販売価格>
2,500円(税抜)

2.「The CHICKEN AKA もも塩味付けセット



2014年第10回「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で最優秀賞、2015年 第11回「地鶏・銘柄鶏食味コンテストグランドチャンピオン大会」で食肉産業展実行委員会特別賞を受賞した銘柄鶏「肥後のうまか赤鶏」を使った新ブランドThe CHICKEN AKAを使用した味付けセットです。味付けには熊本県産の塩とにんにくを使用しており、レモンは地元山鹿市の生産者から直接仕入れています。熊本の美味しいものと鶏肉を掛け合わせた贅沢なセットとなっております。この機会に熊本の美味しいものを味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。

「The CHICKEN AKA もも塩味付けセット」
<商品内容>
・AKAもも角切り塩にんにく漬け 200g×2p
・AKAもも角切り塩レモン漬け  200g×2p

<賞味期限>
製造日より6ヶ月

<販売価格>
2,800円(税抜)

<販売場所>
The CHICKEN Online Shop(https://www.thechicken.jp)

The CHICKEN Online Shopオープン1周年
The CHICKEN Online Shopは2020年2月29日にオープンしました。
日頃ご愛好いただいている皆様のおかげで、今月1周年を無事に迎えることができます。
そこで、みなさまへの感謝の気持ちをこめて「とりけん1周年感謝祭」を2月24日(水)より開催しております。

「とりけん1周年感謝祭」では、日頃の感謝を込めて、期間限定の7つの特典をご用意しております。
非常にお得な特典となっておりますので、この機会にぜひThe CHICKEN Online Shopをご活用ください。

○日本一鶏肉研究所について
日本一鶏肉研究所株式会社は熊本県北部の山⿅市に位置する養鶏農場です。きれいな空気と美味しい地下水で育つ健康で質の良いこだわりの鶏肉をお届けすること、クリアでわかりやすい情報発信をしていくことを信念に、「日本一透明な鶏肉」を目指し日々生産に励んでいます。社名に入っている「日本一」という言葉は、鶏の健康を一番に考える「日本一」でありたい、お客様ファーストを徹底する「日本一」でありたい、命をいただいている感謝を忘れない「日本一」の生産者でありたい、従業員がやりがいを持って働ける「日本一」の職場でありたい。そのような私たちの想いが社名の「日本一」に込められています。
□日本一鶏肉研究所:https://www.thechicken.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR